海外ニュース

米朝戦争2018年の可能性と被害を軍事力比較から調べてみた

11月29日に北朝鮮はICBM(大陸間弾道ミサイル)を発射しました。アメリカを射程圏内に捉えたという威嚇行為から、以前にも増して米朝戦争の機運が高まってきたかのように思えます。両国が戦争になったらアメリカの圧勝のように思えますが、楽勝では終わらないというのが専門家達の間で囁かれています。

今回は米朝戦争2018年の可能性を、両国の軍事力データを比較し検証してみたいと思います。ニューズリーウィークのジョンホルディディワンガー氏の米朝戦争になったら勝つのはどっち?の記事を参考にしました。

スポンサードリンク

 

軍事力ランキング

アメリカ軍が世界最強なのは周知の事実です。軍事力を人員、兵器の種類と数、地理的要因を元に評価したグローバルファイアーパワー(GFP)によるとやはり1位はアメリカで北朝鮮は23位となっています。

2017年のランキングは

1位 アメリカ
2位 ロシア
3位 中国
4位 インド
5位 フランス
6位 イギリス
7位 日本
8位 トルコ
9位 ドイツ
10位 イタリア
11位 韓国
12位 エジプト
13位 パキスタン
14位 インドネシア
15位 イスラエル
23位 北朝鮮

参考 2017年 グローバルファイヤーパワー

となっていて、15位までにアジアの4カ国が入っているのには驚きました。

北朝鮮が23位とアメリカそして日本からも大きく離れているのですが、ミサイル実験に象徴されるように年々順位を上げてきているという事実があります。

米朝の軍事力は?

実際の軍事力の比較ですが、ここでもグローバルファイヤーパワーを参考に見て行きたいと思います。

■兵士数  アメリカ約130万人 > 北朝鮮約110万人

■予備役  アメリカ約99万人 < 北朝鮮約550万人

予備役とは、普通に一般社会で暮らしている軍隊の在籍者などを指していて、有事の際や訓練の時だけ軍隊に戻る人を言います。

兵士の数だけは北朝鮮が圧倒していますが、アメリカには韓国軍が加わりますのでこれを加味しなければなりません。韓国軍兵士の数は62万人で予備役は520万人ですのでアメリカと韓国が合わせれば北朝鮮を逆に圧倒することになります。

また、兵士の健康状態をみても北朝鮮は深刻な食糧不足にあるので数字よりも遥かにパワーが落ちるのかと思いますが。また疫病も流行っているので、北朝鮮の実際の兵力は半減してしまうくらいなのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

■軍用機(空軍) アメリカ約1万3760機 > 北朝鮮1000機未満

■戦車と装甲戦闘車  アメリカ45,000台 > 北朝鮮9,100台

やはり戦闘機などはアメリカが優位で国防費から見ても80倍以上の差があり、兵器のレベルから見ても北朝鮮に勝ち目はないように思えます。

 

■核弾頭数  アメリカ6800発 > 北朝鮮25~60発

アメリカが実際に使えるのは6800発のうち1800発とのことですが、これでも圧倒的な差をつけいています。

 

勝者と被害のシナリオは?

米朝戦争になれば間違いなくアメリカが勝つでしょう。しかし、専門家達は圧勝ではなく、流血は免れないと判断しています。

例えば、アメリカの報告書では、

・通常兵器だけの使用の場合→数日で約30万人が死亡

・核兵器が使用されれば韓国、日本での被害者は最大210万人

と記されています。

私たちはまだどこかこの被害について現実的になれないところがありますが、専門家の中には米朝戦争はもはや避けられないレベルまで来ているともいいます。

アメリカが何とかしてくれるという思いがありますが、何をしてくるか分からない北朝鮮の怖さを考えると今から心の準備と戦争になった場合の予防訓練も必要な次期に来ているのかもしれません。

 

ネットでの反応は?

アメリカがロケットを平壌の中心部に落としたらその時点で都市機能は喪失
その後に空爆により軍事基地などの主要箇所を総攻撃すればそれで終わり
1週間もかからないだろう
北朝鮮の捨て身のロケット攻撃は迎撃ミサイルで撃ち落とされる
ただ米韓日の犠牲がわずかだろうがあるにはあると思われる
かつてのイラク戦より簡単に終わるのは間違いない

核兵器は国家が実施する前提で作られてるからテロリストには運用できない。
起爆装置にも賞味期限があって古くなると使えない。
世界中に核テロが発生していないのはそのせい。やるなら菅直人みたいに事故に乗じるしかない。

ところが、このあたりをアフターケア付きで提供しようというのが北朝鮮の事業計画。

長くて3日で終わる
栄養失調兵相手に負ける訳無いじゃん
ミサイルって言っても大半は即撃てない品物
倉庫破壊すれば
ただ、露中がロケットマンに味方した時は判らないけどね

米国は陸軍国家ではないんだよ。
馬鹿みたいに人口の多い国から際限なく兵士が来ると朝鮮戦争のように負ける。
大東亜戦争でも沖縄止まり。
本土決戦はしてない。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

  1. 中国アニメ映画「小門神」の内容が世界レベルと評価が高い理由!
  2. 熊本地震の海外反応とABC News 360度カメラが現地の様子…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP