経済

ビットコイン今後は?失敗した有名人とぼろ儲けした人達の話が凄い!

【スポンサードリンク】

今やテレビでも度々取り上げられ、一度は聞いたことがある「仮想通貨」。

仮想通貨は何百種類もありますが、一番有名なのはビットコインでしょう。

その高騰振りが話題となっていますが、実際に1年前の伸び率を見てみるとなんと14倍にも跳ね上がっています。まさにアメリカンドリームならぬビットコインドリームが身近で起きているのです。

今回はビットコインによって信じられないくらい儲けた人をご紹介したいと思います。

また、日本の有名人の話もご紹介しますのでどうぞご覧下さい。

 

スポンサードリンク

 

■今更ながらビットコインとは

 

まずビットコインを説明する前に、仮想通貨の話をしなくてはなりません。

仮想通貨とは、文字の通り仮想の通貨のこと。
1000円札とか500円玉とかのように物理的なコインのようなものではなく、インターネット上で通貨のように使うことができるバーチャルな通貨のことを指します。

どこで使われるかというと、オンラインゲームやコミュニティーなど特定のサービスであったり、異国間同士での決済取引などに使われます。

そのなかの一つがビットコインであり、仮想通貨は世界中に500種類から600種類あるといわれています。

それぞれに特徴があり、セキュリティー面が特に強い仮想通貨や機能的に使いやすいものなど、技術的な部分が大きいのが特徴です。

■ビットコインでぼろ儲けした人たち(海外編)

・フィンマン(18歳) 数億円

フィンマンは弱冠18歳の若者で、仮想通貨を購入したのはなんと12歳の時。

貯金していた1000ドルで仮想通貨を購入したのですが、その後何千倍にもなり瞬く間に億万長者に。

 

・ノルウェーの男性 7500万円

この男性が2009年にビットコインを2400円で購入しましたが、なんとその後購入したことを忘れてしまいました。
4年後に久しぶりにビットコインを見てみたらなんと7500万円の価値になっていたことをしり驚愕したそうです。
2400円が7500万円というのは3万倍も上がった計算になります。これはにわかには信じられない話ですが、伝説にもなっている話です。

 

・クリストファー・コッホ 1億円

彼がビットコインと出会ったのは2009年。

彼は当時大学生であり、暗号化をテーマに卒論を書いていました。

何気なく27ドル分の5000BTCを購入したものの、彼女には無駄使いするな!と怒られてしまいます。

その後、4年間も買ったことは忘れていたものの、2013年にキプロス危機が発生しビットコインが騒がれるようになって、
思い出したところ、その価値は1億円程度になっていたそうです。

これも約3万3千倍!

その時の彼女はどうなったのかが気になりますね。

 

・ジェームズ・ハウエル(儲け損ねた人)

彼はビットコインがまだ値がほとんどついてない頃に7,500ビットコインを交換。
その記録を残したハードディスクに保存してありましたが、不覚にも引っ越し時に存在を忘れてしまうという致命的なミスを犯してしまいます。

どこかに捨ててしまってしまったのです。

数年後ビットコインの存在を思い出してゴミ処理場へあわてて探しに行きますが、もちろん見つかるはずもありませんでした。

仮の話ですが、ビットコインが急騰し始めた2014年頃の1BTC=6.5万円で換金していれば4億~5億円を手にしていた計算になります。

忘れ続けていたほうが幸せだったのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

■有名人のビットコインの話

・ホリエモン 何億?

堀江貴文氏ことホリエモンも仮想通貨でぼろ儲けした有名人の一人です。

実際にどのくらい儲かったかは明らかにしていませんが、噂では何億も儲けているそうです。

ホリエモンがどのくらい仮想通貨に精通しているのか、ちょっとしたエピソードがありましたのでご紹介します。

株式会社ヒトメディア代表取締役の森田正康氏(40)が堀江貴文氏の助言通りに仮想通貨に投資したところ、
わずか数ヶ月で大儲けすることができたと興味深いエピソードを披露した。

飲みの席でたかぽんが『これいいから買うよ!』
って言ってて『じゃあ僕も買います』って言ったんですよ。お互いいくら買ったかは言わなかったんですけど、僕は20万円買ったんです」。その後、自分が買ったことはすっかり忘れていた森田氏だったが、ホリエモンが「35倍になったよ」と教えてくれた。   引用元:net geek 2016年3月9日の記事から

20万円が35倍という事は700万円!

このときホリエモンはいくら買っていたんでしょうね。100万円だとしても3500万円ですから、彼の財力からすれば億単位で儲かったとしてもなんら不思議ではありません。

 

・平成ノブシコブシ 吉村 失敗

他に有名人でビットコインの話なら平成ノブシコブシの吉村。
きかっけは、番組のロケでビットコインの投資アプリを開発している会社に行ったことにあり、興味を持ったといいます。そしてすぐに投資をすることを決意。

投資額は100万円!

いきなりの投資で100万円というのは余程お人よしなのかと思いますが、、。

残念ながらこの投資は失敗に終わってしまったようです。1割ほどの損だと話していますので、大怪我にはならなかったようですが、もしいまも買い続けているのであれば、かなりの儲けを出している頃では二でしょうか?

ただ、このビットコインを購入したのが2016年の2月となっていますので、ぼろ儲けとまではいかなそうです。

また、相方の徳井健太も購入したようなのですが、500円しか買わなかったそうです。器の小ささが垣間見えるような気がしますね。

・ロンブー淳 大失敗?

他にはロンブーの敦も有名です。

大失敗の事例として度々取り上げられますが、これは値下がりしたということではなくて事件によって資産そのものを失ってしまったのです。

これはマウントゴックス事件といって、ハッカーによってビットコインを奪われてしまったのです。

真相は全て闇の中でありおそらく彼のビットコインも消えてしまったのでしょう。

CEOが会社のお金を横領したという事実もありましたが、結果としてその被害をもろに被る形になってしまい、ビットコインは消失してしまう形になったわけです。

この事件で仮想通貨が危ないとマスコミにも騒ぎ立てられ、知識のない一般人は仮想通貨を敬遠するような風潮が出たりしました。

後にロンブー淳はあるテレビ番組で、お金について聞かれると

「俺、ビットコインでやられているので、それですかね」

と言葉少なに落胆した様子を見せていました。

 

・ツイッターで儲けた人

最後に意外な形で儲けた方の紹介をします。

出産のお祝いでビットコインでいただいた
ご祝儀の利益が年ベースで130万円を超えてしまうので、
生後1週間の0歳児で社会保険の扶養から外れることが判明した。
マジかよ。。。。。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

【スポンサードリンク】

関連記事

  1. 千葉市ヤフオク豪邸落札者が判明!リブテックと1111万円の理由は…
  2. 2018年ビットコインをAIが予測!仮想通貨を買うならコレ!
  3. 西新宿に日本一高い65階建てマンション!地震の揺れや危険性は?
  4. パナマ文書に東電?過去の租税回避事件と苫米地氏の発言が話題!
  5. 匠大塚 春日部で大塚家具と直接対決!比較と評判の結果はやはり・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP