文春砲

舛添知事の愛人2人は誰?女関係の逸話が凄くて辞任確定的な文春砲!

【スポンサードリンク】

舛添要一都知事に新たなスクープ!5月26日に発売される文春によると、舛添都知事には妻の他に2人も愛人がいることが発覚したようです。この2人の愛人とは現在も交際が進行中ということです。数々の不正疑惑で窮地に追い込まれている舛添知事にとって、このスクープが真実なら辞任も確定的となりそうです。

 

 

舛添知事の愛人は誰?

気になる愛人2人ですが一体どんな人なのでしょうか?

舛添知事はこれまでに計3回の結婚をしています。1回目は片山さつきさんですが、一人目の愛人はこの時不倫していた人で2舛添知事との間に28歳の長男がいるようです。この愛人とは片山さんと離婚したら必ず籍をいれると約束していたにもかかわらず反故にしています。

更にこの長男は重度の障害を持っているのですが、舛添知事は2014年2月に議員辞職時にこの長男への養育費を大幅に減額することを要求してきたと言います。裁判で請求したようですが、この申し出は却下されています。議員を辞職し、都知事選に向けて活動を開始していた時期でもありますので、この養育費は無駄な出費とでも思ったのでしょうか?自分の家族を犠牲にしてでも夢を貫き通したかったのでしょうか、それともただ単に女性関係にだらしない人物だったのでしょうか。この愛人によると裁判で却下された後には謝罪の一言は何もなかったといいます。ここにも舛添知事の人格が見え隠れします。

片山さつきさんはこの愛人問題が離婚の原因としていますが、その他にも舛添知事からものを投げつけられたりとDVの事実があったことも打ち明けています。計三回の結婚と二人の愛人、そして不正疑惑にDVまで調べれば調べるほど埃が出てきます。もはや都知事辞任も時間の問題のように思います。

 

【スポンサードリンク】

 

舛添知事の女性関係の逸話がやばい・・・

女性関係にだらしないと世間からは評価されるようになってしまった舛添知事ですが、数々の逸話が残っています。

ひとつは都知事に当選した直後に、都庁が美人な職員を舛添知事から離した職場に配置転換をしたというものです。都庁内でも舛添知事の女性関係にはかなり警戒していた事が伺えます。この配置転換が成功だったのか都庁内での愛人関係は今のところは情報は出てきていませんが、数々の不正疑惑の調査から出てきても不思議ではありません。

この他には舛添知事は女性についての差別的な発言をしたことでも物議をかもしたことがありました。
それは

・「女は生理のときはノーマルじゃない」
・「オバタリアンは全部あがった人ばかり」

完全に女性蔑視の発言ですね。また、議会である議員がセクハラ発言をした時も舛添知事は笑っていたことが暴露されています。

音喜多議員
「(舛添知事が)笑ったのを本当に見たのかって? 本当ですよ。私の席は一番前ですからね。知事会見を見ましたが、『ヤジは聞こえなかった』というのはどうかと思いますね。とても大きな声でしたから。少なくとも私には、自民党(議員)の笑いにつられて笑ったように見えました」

結婚と離婚を3回も繰り返し、更には愛人が2人もいたのにはこのような舛添知事の女性に対する考え方も大いに関係がありそうです。まだまだ舛添劇場は終わりません。利権に必死でしがみつこうとしている姿が何とも哀れにも思えてきます。

【スポンサードリンク】

 

関連記事

  1. 山根会長の28歳年下嫁の画像と経歴!愛人までもが暴露された

コメント

    • あきちゃん
    • 2016年 6月 13日

     舛添都知事は、今やもう引き下がれないところまで来てしまいましたね。 既に品性も人格もへったくれで、居直りましたものね。
     なぜこのような公金をネコババするような、小者の悪が表舞台でたたかれなかったのでしょうね!(政治資金規制のでたらめさのせいでしょうけど。)
     元奥様だった片山さつきさんの、記事を今見てあきれ返るような、腐れ切った男のなりそこないだったのですね。 
     でも、彼の眼中には選挙の政策を信じ投票してくれた都民のことなどとうに投げ捨て、詭弁を弄し時間稼ぎの上、居直り続投だけを期待しているようですね! 
     これは、常識では考えられないようなドラマになってきましたね。
     日本の玄関口である東京都知事の醜態に、都民ならず国民もひいては世界中から大きな関心を寄せて成り行きに、関心がますます高まっているようですね! 
     こうなると、都民ならず国民を激怒させたうえ、自ら油をかぶりドラマ仕立てで桝\添劇場を大炎上させて、いよいよ佳境に差し掛かりましたね。 
     さあ!この結末はどうなりますか、幕開けが楽しみです。
    いくところまでご一緒させていただきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP