サッカー

ポーランド人の反応が舐めすぎ!ロシアW杯サッカー各国評価も調べてみた

12月2日未明、2018年サッカーロシアW杯の抽選で、日本代表はH組に入り、ポーランドとセネガル、コロンビアと対戦することが決まりました。

比較的恵まれた組み合わせで、予選突破も夢ではないような気がしますが、海外の反応はこぞってポーランドとコロンビアの予選突破を予想。

今回は、ポーランド人の反応がどのように日本を捉えているのかを見て行きたいと思います。

 

スポンサードリンク

ポーランド人の反応が舐めすぎ?

 

まず最初にポーランドの一般人が日本をどう見ているのかツイッターなどを中心に見てみました。

・これはチャンス!最高の組み合わせではないか!

・日本とセネガルには楽勝できる。予選突破しなかったら恥だ

・ポーランドとコロンビアの予選突破で決まり

・全部違う大陸の代表が相手か。。。調子が狂うな

・日本は持久力があるから、警戒しないといけない相手だ

・どの国にも可能性がある

・日本?キャプテン翼しかしらない

・日本は何をしてくるか分からないチームだから怖いな

・ポーランドはヨーロッパ以外のチームが苦手だから、これは死のグループじゃないか

・日本には大空翼がいないから大丈夫!

・予測できないから、死のグループだ

・ポーランドとコロンビアに突破して欲しいが、ハリルホジッチなら何かサプライズを起こすかもしれないな

・俺が生きている28年間で、初めてポーランドは予選突破できるかもしれない!

・日本はタフだ。ポーランドは持久力とスタミナが過大だから苦戦するんじゃないか?

・コロンビア以外は怖くない

・うちらにはレバンドフスキがいる。彼なら日本から3点は取ってくれるだろう

・カガワとオカザキだけのチームに負けるわけが無い

・日本は謎のチームだけに不気味だ。警戒しないといけない相手だと思うよ

ホンダはでないの?じゃあ、誰を警戒すればいいんだ?

・日本には過去負けているから、安心できない。やつらはニンジャのように駆け回るからスタミナ勝負じゃヤバイかも

ポーランド人は日本がどんなサッカーをするのか知らない人が多いという印象で、キャプテン翼のほうが知名度があるようです。

しかしながら、ポーランド代表の問題である持久力とスタミナに不安を抱いている人も少なくなく、日本にはスピードがあると理解している人たちは楽な試合にはならないという評価が多く出ていました。

我々日本人もポーランドのサッカーについては知らない事ばかりですので、日本人と同じような反応になるのは仕方のないことなのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

海外メディアの反応は?

 

■ESPNの反応

ESPNはアメリカのエンターテイメント最大手でスポーツ専門チャンネル。サッカーに対する分析にも定評がありますので一番信頼できるソースといえます。

 

そのESPNは、組み合わせ表を見た短評として

二人のシンジ(香川真司と岡崎慎司)抜きの方が良いというヴァヒド・ハリルホジッチの判断はとても奇妙である。彼らは日本のベストプレイヤーだ。

と、コメントしています。実力不足の日本に香川と岡崎がいないことが理解できないようです。

 

他の国の評価は、

ポーランド「レバンドフスキだけではない。他にも柱がいて完成度は一番高い」

セネガル「マネとディアオが相手を恐怖に、クリバリは守備とゲームメイク全てをこなす」

コロンビア「ハメスロドリゲス次第で首位争いは十分可能」

としていて日本と比べると好意的に捉えている印象があります。日本は最も評価が低い国ということでしょうか?それを裏付ける良いように日本の予選突破する確立は4か国中最下位の7%となっています。以下が各国の予選突破の確率として掲載されています。

ポーランド 39%

セネガル 8%

コロンビア 46%

日本 7%

■EL TIEMPO の反応(スペインの専門チャンネル)

「かなり素早いチーム。選手の動きもダイナミックでサイドの攻撃はかなり危険」

「更に戦術面で非常に応用力がある」

と評価しています。反対に短所としては、

「守備における空中戦に難があるチームだ。ゴール前のクロスボールで襲うことが可能」

と的確に日本代表の弱点を分析しています。

 

■sportの反応(スペインのメディア)

「サプライズを起こすだけの力は十分に持っている」

「日本のサッカーは近年成長中だ」

とこちらも好意的に日本代表を評価しています。やはりスペインで活躍する乾選手など、日本の選手の活躍がスペインでも認知され、日本代表についても調査されるようになったからでしょう。

 

■SBNATIONの反応(アメリカのメディア)

「アジアトップの日本はワールドカップで大きなインパクトを与えることを狙っている」

「ポテンシャルは相当。だが能力を引き出す監督がいなかった」

「ハリルには能力を最大限発揮させる場面を期待したい」

日本人選手の能力は認めるものの、歴代監督が組織重視でここの能力を引き出すことが苦手もしくは保守的だったと分析しています。日本のよさは組織力と言いますが、海外から見たら日本人のテクニックやスピードは確実に評価されているのだと感じます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?各国の反応をみてきましたが世界をあっと言わせるような活躍を日本代表には起こしてもらいたいですね、
最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. クリスティアン・ブロッキの経歴と評価は?ミラン新監督で本田の起用…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP