レジャー

【関東近郊】家族で宿泊できるトレーラーハウス(モバイルハウス)で別世界を体験!





移動しながら生活が出来るトレーラーハウスが日本で話題になったのが約20年前。ここ最近は手ぶらでキャンプが出来る「グランピング」が話題になったり、災害時の仮設住宅として注目を集めたりと今後のブームに火が付きそうな勢いです。

トレーラーハウスはモバイルハウスという名でも呼ばれるようになり、だいぶ身近なものになってきた印象があります。固定資産税を払わないで済んだり、価格が安いことなどから庭先や空き地に置こうと考えている方も増えてきています。

しかし、住んでみると印象が違ったり、様々な問題やデメリットも見えてきます。
(デメリットや注意点をまとめた記事はこちら)

そこで今回は、トレーラーハウス(モバイルハウス)を検討している方に向けて、オススメの宿泊できるトレーラハウスをご紹介します。もちろん、購入を考えていない方でもお子様や恋人との思い出作りにぴったりの場所ばかりですのでご参考にしてください。



東京湾を一望できる世界的建築家のモバイルハウス
「観音崎京急ホテル」

三浦半島の最東端で東京湾を一望できるのは、2017年6月にオープンした観音崎京急ホテルのシーサイドグランピングです。世界的建築家の隅研吾氏とアウトドアメーカーのスノーピークがコラボして完成したモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」に宿泊できます。

奥行きのあるライトアップされたウッドデッキでは三浦半島の食材を楽しむことが出来ます。日よけにターフまで準備されているので、日中は海風と波音を感じながらゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。

内装はシンプルモダンでで統一。ベッドはキングサイズでしかもシモンズ製と細かな部分までこだわっています。

朝食と夕食はシェフが厳選した地元の食材を楽しむことが出来ます。三浦半島の新鮮な魚介や野菜はこれ以上ないご馳走です。

 

■料金 1室3名(朝食・夕食込み)72,000円~
1室2名(朝食・夕食込み)50,000円~
*幼児の添い寝は1室2名まで(無料)10,200円
*子供のベッド追加(朝食・夕食込み)
■運営  観音崎京急ホテル
■住所  〒239-0811 神奈川県横須賀市走水2
■電話  046-841-2525
■メール  hotelinfo@kannon-kqh.co.jp
■営業時間  チェックイン14:00~ チェックアウト〜11:00
■公式HP http://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

 

 

息をのむほど美しい自然の中にある
「妙義グリーンホテル&テラス」

東京から2時間少しにある妙義グリーンホテル&テラスでは、他のキャンプ場では味わえない壮大な自然の中でトレーラーハウスに宿泊が出来ます。

宿泊はキャンパー憧れの、アメリカの最高峰トレーラーハウス「エアストリーム」!これだけでもテンションが上がります。エアストリームは動く別荘とも言われ、快適性とラクジュアリーを追求した高級志向のトレーラーハウスです。


妙義グリーンホテル&テラスのエアストリームの定員は2名でカップルや友人同士、または一人旅の方にオススメのトレーラーハウスです。

間取りはベッドルームとリビングの2部屋からなります。エアストリームの高機能で洗練された内装が十分に楽しめるでしょう。

バスコアやトイレはエアストーリム内にはないので、共用スペースを利用することになります。共用スペースにはシャワールームのみとなるので、湯船に浸かりたい場合は隣接するホテル内の大浴場が使えます。

家族で行くなら星空が見えるテントがオススメ

トレーラーハウスではありませんが、家族で行くならテントタイプの宿泊施設も完備されています。ベッドから星空を眺めることが出来るのが最大の魅力で、予約がいつも一杯です。ペットと一緒に同伴できるテントタイプもあり、外にはドッグランもあります。
 
 
 

■料金 エアストリーム(朝食・夕食込み)17,000円~(一人当たり)
家族用テントタイプ(朝食・夕食込み)17,000円~(一人当たり)
■運営  ホテル妙義グリーンホテル&テラス
■住所  〒379-0208群馬県富岡市妙義町菅原2678
■電話  0274-73-4111
■メール  myogihotel@accordiagolf.com
■営業時間  チェックイン15:00~18:30 チェックアウト〜10:00
■公式HP https://www.accordiahotel.com/myogi/glamping/



リーズナブルにエアストリームに泊まれる!
「フォレストパークあだたら」

ふくしま県民の森フォレストパークあだたらは、標高600メートルに位置し山の中にあるキャンプ施設です。こちらではオートキャンプ場や森林学習施設なども完備され、「森林との共生」というコンセプトで福島県が運営している施設になります。キャンプ場の中にはエアストリームが10台も設置されていますが、土日は常に予約で一杯になるほど人気です。

こちらにあるエアストリームは妙義のものよりずっと大きく、シャワーにトイレ、そしてキッチンも完備されています。年式は古いですが、日本では所持がム難しいサイズのトレーラーハウスですので泊まってみる価値は十分にあるでしょう。また、料金も1泊1台17,280円と安く、外にもテントが張れるので家族4人以上でも自然を十分に満喫できます。

■料金 エアストリーム(朝食・夕食含まず)17,280円(一台当たり)
■運営  福島県
■住所  〒379-0208群馬県富岡市妙義町菅原2678
■電話  TEL 0243-48-2040 (9:00〜17:00)
■営業時間  チェックイン15:00〜18:00 チェックアウト8:00〜10:00
■公式HP http://www.fpadatara.com/

 

 

伊豆の星空を思う存分眺められる
2018年6月オープンの「UFUFU VILLEGE」

2018年6月にオープンした静岡県伊豆市の月ケ瀬温泉にある「UFUFU VILEEGE」は温泉とグランピングの両方を楽しめる施設として脚光を浴びています。敷地内にはトレーラーハウス以外にもテントサイトや子供が遊べる釣り堀などもあります。

トレーラーハウスは全部で5台設置されて2タイプの間取りがあります。シャワーにトイレそしてキッチンまでも完備されていますが、キッチンだけは安全面を考慮してか調理が禁止されています。

飲み物や食材は無料で持込無事が出来ます。食材・食器・器具はすべて施設側が準備してくれるグランピングスタイルを取っています。手ぶらでキャンプ気分を味わうのに最適な施設です。

キャンプファイアー施設から供用の大浴場まで完備。飽きさせない工夫がされているのも好感度が上がります。

 

目の前に流れる狩野川のせせらぎを聞きながら、満点の星空を眺めることが出来ます。今後は近くに川床レストランや温浴施設もオープンする予定があるので、総合リゾート施設としても注目が集まりそうです。

 

■料金 トレーラーハウス(朝食・夕食付き)12,000円~(一名当たり)
2名1室~6名1室まであります。
■運営  東京ラスク
■住所  〒410-3215 静岡県伊豆市月ケ瀬 月ケ瀬425-1
■電話  TEL 0558-75-8000(10:00〜17:00)
■営業時間  チェックイン14:00~18:00 チェックアウト10:00
■公式HP https://ufufu-village.jp/

[s_ad]