芸能

続・下町ロケットでのブレイク中の竹内涼真のギャラはいくら?




2015年に年間視聴率1位に輝いた、あの池井戸潤原作の下町ロケットがお茶の間に返ってきます。

放送予定は2018年10月からと言われていて、タイトルはまだ発表されていません。
ここでは仮に続・下町ロケットとしていますが、下町ロケット2になるかもしれません。

原作は3作目にあたる「下町ロケット ゴースト」というタイトルですが、
テレビでは続編なのに3とつくと混同する為恐らくないでしょう。




続・下町ロケットでは出演するキャストも発表されていて、
主人公の佃航平演じる阿部寛はもちろん、佃製作所のメンバーや
土屋太鳳などおなじみのメンバーも前回同様に登場します。

 

そしてもちろんイケメン俳優の竹内涼真も佃製作所メンバーとして
登場する予定だそうです。

女性ファンにとっても、また楽しみなドラマとなりそうで
視聴率を稼ぐのももはや間違いないと言えるでしょう。

 

そんな竹内涼真ですが、前作の下町ロケット出演時はまだブレイクしていませんでした。
これは意外ですね!

 

もちろん下町ロケットでも人気でしたが、どちらかと言うと知名度を上げたにすぎませんでした。

 

その後、ドラマ「ラストコップ」や映画「青空エール」、NHK朝ドラの「ひよっこ」、
「過保護のカホコ」、そして何と言っても爆発的人気を誇った「陸王」に準主役級で出演をし、
人気が爆発しました。

朝ドラの「ひよっこ」では竹内涼真が出演してから視聴率が大台の20%に超えたことから
プリンス・オブ・視聴率と称されるようになり、テレビでの地位を不動のものにしています。

 

今回の続・下町ロケットではブレイク真っ只中での出演となるので、前作よりより
重要なシーンでの登場などが期待できます。

 

そしてやっぱり気になるのがそのギャラです。

 

今回は竹内涼真が「続・下町ロケット」でどのくらいのギャラがもらえるのか
調べていきたいと思います。

 

 

竹内涼真のギャラと年収はいくら?

早速竹内涼真のギャラや年収についてみていきましょう。

①仮面ライダードライブ時代

デビューして間もない頃に出演したのが、子供たちに大人気の仮面ライダーシリーズ、
「仮面ライダードライブ」です。

実は当時から子供たちのお母さん達にも大人気だったようで、
バラエティ番組にもちらほらと出演していた時代でした。

そしてヒルナンデスに出演した時、7万円の帽子を買うかどうか迫られた際に
僕はそんなにお給料もらっていないんで・・・
と話していたのでした。

そう、給料制という事が発覚したのです。

 

竹内涼真の所属先は和田アキ子など大物芸能人も多数在籍するあのホリプロ。
しかし、ホリプロに所属する芸能人たちは給料制と歩合制の二つが存在します。

売れている芸能人なら歩合制で、若手や新人たちは給料制という具合に
分けているそうです。

しかし中には例外もあって、ホリプロでもトップに位置する和田アキ子はなんと
給料制でお金をもらっているそうです。

それでも和田アキ子の年収は1億円になると言われています。
年をとるにつれ、給料が上がっていくのがホリプロの給料制で
和田アキ子は事務所の中でも最も恩恵を受けている芸能人だと言われれています。

和田の現在のレギュラーは「アッコにおまかせ」とラジオ番組くらいですので
歩合制にするより給料制のほうが多くなる計算らしく、結果「老害」などとも呼ばれてしまっているようです。

ホリプロにとってはかなり貢献した人なので、1億くらいは当然と思ってしまいますが・・・。

 

話は戻って竹内涼真ですが、ホリプロの若手の給料や、前述のヒルナンデスの話から推測すると
月収は20万円前後であるようです。

仮面ライダーの主役を張っても20万円というの少々酷な気もします。




 

②CMにドラマに引っ張りだこの現在は?

仮面ライダードライブの後は飛ぶ鳥を落とすほど人気が爆発してきますが、
特に注目に値するのはCMの出演数が増えてきているところです。

2014年 日清食品カップヌードル SURVIVE! 就職氷河期編
2015年 バンダイ 仮面ライダーチョコビスケットボール
2017年 日本メナード化粧品 薬用ビューネ
2017年 ロッテ モナ王
2017年~ソフトバンク
2017年 富士フィルム お正月を写そう
2018年 味の素 クックドゥ・四川坦々麺、クックドゥ・回鍋肉
2018年 日本コカ・コーラ  カナダドライ ザ・タンサン・ストロング

 

2014年のCM初登場から4年。今は年間4本ものCMに出演するまでになっています。

 

では、CMの年間契約料はというと
竹内涼真の場合約4000万円と言われています。
1クールでも1500万円と言われていますから、給料制の竹内涼真にとっては
これはとてつもない額だと言えます。

もちろんこの契約料全てが入ってくるわけではないので
まるまる年収には換算されませんが、それでもブレイクするとこんなにも
お金がもらえるということが分かりますね。

 

また、このCM出演料を入れない年収は推定で600万円と言われています。

 

竹内涼真の続・下町ロケットのギャラは?

では、ブレイクしてCMにも引っ張りだこの竹内涼真が続・下町ロケットでもらうギャラは
いくらなのでしょうか?

 

これまでのようにホリプロと竹内涼真が給料制でいくなら、
ギャラは関係ないとなりますが、もし仮に歩合制に切り替えたら
出演料は1本150万円~200万円が竹内涼真に入るのではと言われています。

ホリプロの歩合制では、ギャラが5:5としているので少なくとも
竹内涼真には100万円前後のお金が入ることになります。

 

2018年の俳優長者番付などが出たら、この辺の金額がより明らかになりそうです。

 

[s_ad]