事件・事故

千葉市ヤフオクの豪邸の場所や写真と殺人事件が未解決とヤバい!

[mappress mapid="13"]

千葉市にある豪邸が格安の760万円でヤフオクに出品されて話題となっています。広さは300㎡で約90坪になり、一般的な住宅展示場よりも更に大きくこれだけでも豪邸ということが分かります。安さの理由は事故物件で、昔殺人事件があった現場らしいのです。今回はこの格安物件の場所や豪邸の写真と殺人事件の詳細を追ってみました。

 

[the_ad id=”1394″]

 

豪邸の場所は?

ヤフオクページでは住所が千葉市緑区あすみが丘6丁目となっています。ここは昭和の森(フォレストビレッジ)のすぐ近くに位置しています。最寄の駅はJR外房線の土気駅となっています。

あすみが丘は比較的新しい閑静な住宅街となっていて物件のある6丁目のごく一部の地域は、ワンハンドレッドヒルズとかチバリーヒルズとか呼ばれている文字通りセレブの住む住宅街となっています。

チバリーヒルズはバブル時代真っ只中の1989年に売り出され、敷地面積は100坪以上でプール付きの家まであったりします。物件価格も5億から15億と千葉の田舎町では考えられないほどの高額でありましたが、芸能人やプロスポーツ選手や企業が購入したりしていました。

 

豪邸の外観写真と内装写真

この豪邸がヤフオクに出品されたのは2016年4月と最近のことで、物件詳細ページには地上3階建てのレンガ造りの外観が掲示されています。

448x336i114175050  600x449i114175051

玄関上には大きなバルコニーが見えます。アメリカン住宅とでも言うのでしょうか、かなり豪華な造りで洋館と呼ぶのが相応しい外観であります。築23年となっていますから内装はリフォームが必要な頃かと思います。

600x449i114175052  600x449i114175057

建物の中の写真では雑然とした部屋の様子が伺えます。殺人事件当時のままの状態でしょうか、小物が散乱しているのが生々しさを感じます。どちらもヤフオクの情報ページに記載されていますが、購買意欲を削いでしまうのではないかと余計な心配をしてしまいます。

物件の詳細ですが、敷地面積は527.15㎡(約160坪)で建物が308.1㎡(約90坪)となっていました。ヤフオク開始価格が760万円でオークションにより価格は上がっていくのかも知れませんが、この価格は破格であります。ネット上でも「これは買いだ!」「リフォームすれば全然いける!」などとの声も出ていましたが、やはり殺人事件ですので購入するのには相当な勇気が必要です。

 

[the_ad id=”1394″]

 

 

殺人事件の詳細は?

事件は今から2年前の平成26年1月に起ったといいます。事件の内容をまとめると、

・住人である佐田泰三さん(55)が胸などを刺され死亡。死因は心臓の損傷。
・現場周辺で凶器が見つからないことなどから殺人事件と警察が断定。
・佐田さんが倒れていたのは玄関先の廊下。
・発見者は帰宅した妻。
・午後8時半から妻が帰宅した午後11時までの間の犯行。
・貴重品は盗られていなく、争った形跡も見つかっていない。
・近くの住民も不審な物音などは聞いていない。

犯人は未だに特定できていない未解決事件となっていますので、これも破格の金額の理由でしょうか。犯人から監視されているような感覚になってしまいそうです。同じ事故物件でも自殺などとは訳が違う物件だったのです。

入札は5月10日から始まり5月17日に結果が出る予定ですが、どのくらいの人がオークションに参加しどんな人が購入するのか気になるところです。

 

落札が決定!誰が落札したのか?

17日に落札が決定したようです。落札価格は1111万円で応募総数は1件だったようです。どんな人が落札したのか別記事でまとめましたのであわせてご参考ください。

[the_ad id=”1394″]